<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

シャワー大好き♪ 屋外編

日本の皆さん、なんと日本では、秋の大型連休ができたそうで、、、
シルバーウィークというんだそうで、、、何だかこちらは浦島太郎さんの気分です。
さて、我が家の週末では、久しぶりに3人そろってプールへ行きました。
Charlieが一番喜んだ瞬間がプールを出る前の「シャワー」!
f0067150_33815100.jpg
見てください、この満面の笑顔を!本当にたのしそうです!
f0067150_3383236.jpg
おっかなびっくりさわってみて、、、勇気を出して頭からアタック!
f0067150_3384239.jpg
じゃあじゃあのシャワーに大騒ぎ!
f0067150_338514.jpg
きゃぁきゃあ言いながら離れていって、安全地帯で、ひとやすみ、、、。

、、、しばらくするとくるっと振り返って、またはじめからまた延々と繰り返すCharlieくんでした。シャワーの下でトコトコ、くるくる、、、。

プールが好きなCharlieくん、最後に思いっきりの笑顔をmakoと僕に見せてくれました。
こっち2人もとても楽しい家族の時間が過ごせました。
このあとおうちに帰ったCharlieは、もちろんぐっすりと午後のお昼寝となったのでした。

楽しい日曜日のお昼間、家族の時間、シャワー大好き♪屋外編のお話しでした。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-21 23:32 | 08タイcharlie

ドイトゥンコーヒー

雨宿りに入ったお店の名前はDOITUNG COFFEEといいます。DoiTungプロジェクトとはかつてアヘンに頼っていた山間部地方の少数民族に、その代わりの収入を得る手段を教え民族の自立を促すという国王様のプロジェクトだそうです。お店の中には、コーヒーに限らず、かばんや小物なども展示販売されていました。おしゃれなコーヒーショップと思いきや、ちょっと違ってとても意義あるお店でした。

お店の中はこんな明るい感じです。
f0067150_20223454.jpg
僕は初めて入ったので、makoが薦めてくれた「ICE KOKUTO LATTE」=アイス黒糖ラテを、makoはカフェラテを注文しました。
f0067150_20242377.jpg
これをみたCharlieくん、、、僕の分がなーい!ということで、クロワッサンを頼みました。
f0067150_20262394.jpg

入り口の脇にはプロジェクトの説明がかいてありました。
民族衣装で着飾った2人の女性が見えますか?
f0067150_20271367.jpg
コーヒーは、黒糖がコーヒーの香りと調和して味わい深く、白糖よりもおいしく感じました。
クロワッサンでお腹いっぱいのCharlieは「あめざーざー」といいながら外を眺めにいったり、店内をにこにこ歩き回ってお店の人みんなに優しく声をかけられて楽しんだりしていました。他のお客さんから、あめ玉までもらったり!

どうすることもできない南国のスコールも、こうやって家族一緒だと楽しいね。
(photo&logged:T)

お店:DOITUNG Coffee / 283 Sriboonreung Building, Convent Rd., Silom、
7:00~22:00 BTSサラデーン駅下、北東側すぐ。簡単な英語なら通じます!
by makitosi | 2009-09-20 20:27 | 09タイ 食べ物

雨季が招いたお茶

3人でご飯を食べたら、あら、外は雨!
f0067150_16422838.jpg
道路もこの通り、すっかり冠水です。タイは今、雨季。日本の梅雨とは違い、スコールが数時間ということが多いです。
f0067150_16442596.jpg
こんなときは無理しないのが一番!せっかく3人なので、このお店でゆっくりと過ごすことにしました。
f0067150_16551359.jpg
さあ何にしようかな。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-19 23:39 | 09タイ 食べ物

ハミガキは大変!

心を鬼にして、、、、、、
f0067150_2244020.jpg
小さなころから、、、
f0067150_226794.jpg
そして今でも。
割れんばかりの声で鳴き叫び、全身をばたつかせて抵抗します。その両手両足、そして頭も押さえつけて磨くのはちょっとかわいそう、、、でも、一生涯きれいな歯で健康に過ごしてほしいんだよ、Charlieくん。

一方で、Charlieにも歯ブラシに親しんでほしくて、いつも目の前で楽しそうに磨いて見せていたら、、、。
f0067150_2274835.jpg
これが初めてCharlieが歯ブラシをくわえた瞬間です!

最近は一緒にみがきたがるようになりました。時々、歯ブラシが目に入ると、自分で磨くまねごとをしたあと、今度はその歯ブラシを「ハイ」と僕にもみがけと渡してきます。 え゛、歯ブラシ共有!?  でも、うれしいのです。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-18 02:39 | 08タイcharlie

抱っこの幸せ その2

以前、makoと2人で初夏のハノイ旧市街を歩いていたとき、カメラを向けた光景です。軒先でおそらく若だんなが先代の奥さんの前で仕事をしています。その脇で奥さんも一緒、、、日本ではもうほとんどありえない、ほほえましい、家族の光景でした。
f0067150_039437.jpg
僕もこんな風に仕事ができたら幸せなだなぁ。
f0067150_044576.jpg
若奥さんは嬉しそうに赤ちゃんをあやしています。

このときの僕にはまだ「ほほえましい光景」としか感じませんでした。でも、今は違って、自分の実感があります。
最近のCharlieは一人で、どこへでも歩けるようになりました。前はかわいいよちよちだったのが、もう大分しっかり。車を押せば、大人のはや歩きくらいです。「走り出すのももうまじか」とmakoといっています。毎日のささやかな発達が嬉しいです。
f0067150_1134335.jpg
一方、僕が抱っこするのはもうあと何回なのかなぁ。
f0067150_119542.jpg
抱っこがなくなるのは何だかさみしい感じ。きっと、こうやって一つ一つ、今僕とmakoがやっていることを卒業していくんだろうなぁ。うんちまみれのお尻を洗ってあげるのも、おお泣きする口に歯ブラシを突っ込んで磨くのも、もう少しなのかもしれません。でもこの体験がこれから長い将来の彼との付き合いの中で、いつまでも自分を支えていくだろうと確信しています。

以前makoが書いた「抱っこの幸せ」は現在半分卒業中です。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-15 23:27 | 08タイcharlie

「どうしても誰かとりたいっ」光

ときどき、「今、誰かとらなきゃ!」って思わせるきれいな光と出会うことがあります。夜のここではmakoを撮らせてもらって、ここの午後ではmakoに自分を撮ってもらったことがあります。
今回、実は、この人、私の撮影を止めに来たのに、なんと、逆に撮らせてもらっちゃったんです?!
f0067150_21591447.jpg
彼は、シンガポール博物館の警備員、ビンセントさん。館内廊下の光にうっとりとして、「思わず三脚できちんと」、と支度をしていると、「あなた許可を取っているのですか?」と注意しに来た人です。
やめたのですが、手持ちはOKということなので、やっぱり、今度はこちらから逆にモデルになってもらえるかお願いして、とらせてもらっちゃいました!
お礼に後で写真を送ったところ、家族も本人もとても喜んでくれ、その後やり取りがしばらく続きました。

あとから、思い出して、撮った写真をみて、恥ずかしくなることは良くあるんですが、こうやって写真をとりながら楽しく過ごせれば、それでいいんです(!?)。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-14 23:06 | 08シンガポール life

アリさんとほっと一息

僕は散髪が好きです。刃物を当てられているわけですから、何にもできません。それが逆に贅沢な時間の感じがするんです。そのゆったりとしたわずかな時間がすきなのです。散髪が終わって鏡をみると、うまく切れても、失敗されても、それはそれで自分の容姿に少しだけ気が向いて、また、気も引き締まるのです。

今回のドバイ滞在、ラッキー!なことに、僕が過ごした寮の1階は床屋さんだったのです!
f0067150_17544.jpg
お店も毎日11時までやってて、仕事の後でもいけます。髪が少し伸びたら、すぐ入ってしまいました。でもお店はインド人系、最初はちょっと不安、、、、「うまく切れるのかな、、、。」
f0067150_1115144.jpg
きってくれたのはこの方、パキスタン人だそうです。名前はアリさん。とっても上手でした。「東アジアのこういうまっすぐな黒髪は、皆さんと違うから、うまく切れないと思ってたよ」と素直に「嬉しいよ」と伝えたら、その後仲良くなり、毎晩寮に帰るときに挨拶するようになりました。安心して、リラックスできる時間と場所を見つけ、とても嬉しくなりました。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-13 01:14 | 08ドバイ

SKI DUBAIでリフレッシュ!

f0067150_18173115.jpg
エスカレーターを昇りきって、中に入ると、ゲレンデの一番下になります。山小屋風の御茶屋さんもあって、なかなかのいい雰囲気♪♪
f0067150_18183659.jpg
4人のりのリフトで頂上まで来ました。自分の左足を突き立てて、一本足で記念撮影です。正面に見えるのはゲレンデ中間の山小屋、そこから右へ折れていきます。
f0067150_1826417.jpg
右は山小屋の石垣、ゲレンデの一番下はショッピングセンターの”売り”の「中東で雪を見ながら楽しむ」レストランがいくつかあります。ゲレンデの下は、スキーやスノーボードとは別に雪遊びを体験する人たちでいっぱいでした。
f0067150_18262941.jpg
スキーをできない人たちもこのエリアで雪遊びをしています。こっちの方がにぎわっていて楽しそうでした。ショッピングセンターの中から見ている人たちが分かりますか?

4回にわたって長くなってしまいました、、、。
学生以来の、本当に久しぶりのスキーでした。さらに、4ヶ月のドバイでしたが実は、休んだのは4日だけだったので、貴重な休みの日に数時間で一気に気分を変えてリフレッシュできるここは私のおきに入りでした。makoも「いいよ、いっておいでよ」といってくれ、いろんな気持ちを持って楽しんだ数少ないドバイの思い出のひとつです。

Charlieがおおきくなったら、makoと3人一緒にすべりたいなぁ。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-12 20:58 | 08ドバイ

気温差40度?のレジャー

さて、前回の続きです。まずすぐにチケットを買います。
f0067150_10373329.jpg
料金は2時間だと確か200UAEディルハムくらいだったと思います。
みなさん、初めての雪体験に興味ぶかそう。そして値段と見比べて悩んでいる人も多かったです。
f0067150_10452149.jpg
改札をぬけると左側にレンタルコーナー、右側は更衣室などです。
ここからぐっと”雪につよい(?!)”白人系が半分くらいまで増えてきました。
f0067150_10514925.jpg
このお母さん、きっと息子さんにはグローバルな体験をしてほしいと思ってるのかな?
ここでレンタルウエア、ブーツ、スキーかスノーボードを受け取って最後にバインディングを調整してもらいます。

僕も学生時代以来初めてのスキーです。だんだんわくわく興奮してきました。
でも昔とちがってバインディングは弱め、、、、体力の衰えた自分にちょっと弱気、、、です(笑)。
着替えをおえたら、長いエスカレーターで入場口まで登ります。だんだんと明るくなってきました。
f0067150_10542286.jpg
さあ中に入るとそこは真っ白の明るい世界!涼しーい!深呼吸をひとつ、すると肺に入っていく冷たい空気、何年ぶりでしょう。気分もとっても明るくなってきました。
そしてまずは雪をチェック!にぎれないさらさらの粉雪です。さあ、板をはめてみよう!何千日ぶりのスキー、うまくできるかな?

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-10 22:59 | 08ドバイ

あれは何? 4年後の答え

「続きは次回」と前回言っておきながら、遅くなってごめんなさい。4年後、再び訪ねたドバイ。ちゃんと工事は終わっていました。
f0067150_7475983.jpg
この写真で分かりましたか?正解は「スキー場」でした!(ブブー/ピンポンピンポーン!)
f0067150_861583.jpg
ちなみにこちらは同じく4年前のお隣の国、カタールの首都ドーハの写真です。当時からショッピングセンターの最下階に「スケートリンク」を作る手法はあり、 最高気温が45度くらいになる中東での最先端を行く「びっくり施設」だったのでした。でも、何でも世界一じゃないと気がすまないドバイ。スキー場を作っちゃえ!、それもショッピングセンターの上に載っけちゃえ!なんて、まさにドバイらしいですねー。
f0067150_8114423.jpg
入り口はこんな感じ、、、。ちょっとゴージャスなかんじがします。
f0067150_8174996.jpg
ショッピングセンターやレストランの中から見えるようになっています。ガラス越しですが、とっても涼しげ、、、インド、パキスタン、東南アジアから来ている人が多いドバイですが、雪を見るのは初めての人が多いようで、みんな珍しそうにじーと見ていたり、記念写真を撮っていました。
学生時代にスキーが大好きだった僕、入らずにはいられません!
さあ、入ってみましょう!

(photo&logged:T)
by makitosi | 2009-09-09 08:21 | 08ドバイ