<   2011年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

幸せそうな声を探しに

あの団地街の声をを聞いてから、「あんなに幸せそうな雰囲気、いったい中はどんななんだろう、、、」と、
どうも気になってしまいます。そこで、思い切っておとといの日曜日にひとりで行ってきました。
f0067150_1017216.jpg
さあ一緒に入ってみましょう! 幸せの声をさがしに団地街の中へ、、、。
(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-31 09:05 | 11インド チェンナイ

2歳のカメラマン!

f0067150_4382778.jpg
もう、去年の夏の話なのですが、
f0067150_4422047.jpg
ゼロ歳のころからパパとママのカメラに親しんだチャーリーは、どんどん勝手に写真をとるようになり、
f0067150_4441236.jpg
2歳にしてなんと、「自分の一眼レフカメラがほしい!」というようになりました。
そこでmakoのおふるを売らずに渡したら、びっくり! ときどきいい写真をとるのです!

また、おりをみて、チャーリーの写真をご紹介しますね。
(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-30 04:49 | 11インド

幸せそうな 元気な 声

夏の日の 夕暮れ時の 団地街
f0067150_127889.jpg


元気な声が こだまする
f0067150_1291872.jpg


毎日40度近くになっています。夕方になると、子供たちの声もあちらこちらから聞こえてきます。
お母さん、おじいさん、おばあさんたちも出てきて買い物や夕涼みがはじまります。
棟と棟とのあちらこちらの間からの、子供たちの元気な声が響き渡ります。
エアコンの室外機も見当たらないし、井戸水だし、明るい部屋の明かりもみえず、決して豊かな団地街とは見えません。でも、僕が聞いたことがないくらい、あちらこちらから元気な声が聞こえているのです。
本当に「幸せそうな雰囲気いっぱい」。
一方で、先日まで毎週のように通った東京の高層マンション群の情景が思い浮かびました、、、、一体どちらが幸せなんだろう、、、。

本当に大切なものはなんなのだろう、、、。海外に出て、いろんな国で生活すると、何度も考えてしまうテーマです。


はじめは、子供たちの歓声にひかれて、レンズをむけたけれど、とり続けるうちに次第にこんなことを考えながらとった2枚。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-29 02:18 | 11インド チェンナイ

チェンナイはもう夏・・・夏の光に誘われて

チェンナイの夏は5月からです。あっという間に夏になってしまいます。新緑と強い日差しが混じって、みどりの色がとてもきれい。(僕の今のカメラでは表現しきれないのがちょっと残念。)
f0067150_452472.jpg
花ひとつひとつもよく見ると美人さんとそうでないのがあるのですが、それでもとっておきたくなる光です。
f0067150_474883.jpg
・ ・ ・ このマメ科の花、とてもきれいな色なので、美人さんを探しにまたチャレンジします、、、 ・ ・ ・
f0067150_4102365.jpg
構図も背景もタイミングもそして撮影テーマもメチャクチャな一枚なのですが、それでもこの光が出す色に誘われてついついシャッターを切ってしまうのです。
f0067150_41515.jpg
なましぼりライムジュース売りのお兄さん、この緑と青にひきつけられて、「立ち上がってくれないかなー」と数十分ねばったのですが、隣におじさんが来てしまいました。  また挑戦したい、根負けの1枚、、、。

本日は、チェンナイの初夏の光に負けてしまった、”反省事例のご紹介”!(笑)でございました。
でも、このきれいなチェンナイの初夏の光、伝わってくれればそれで十分嬉しいです!

(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-28 02:35 | 11インド チェンナイ

すずしげ~にしてるのが、売れるコツ!

みんな汗を流してバスを待っている横で、すずしげ~にしているひとがいます。
f0067150_3363545.jpg
ココナッツウォーターをうっていた女性です。なたでやしの実の頭を切ってくれるので、ふつうはその場でのみます。
英語も通じず、写真にとられなれていない人で、手をこまねいていると、、、
f0067150_339425.jpg
今度は唐辛子漬けのオイルを買わないかとおばさんが私のところへあるいて来ました。
f0067150_3424985.jpg
あ、これは千載一遇!と二人一緒にとらせてもらいました。

ちなみに、やしの実は全く冷やしてありません。あつーいバス停の隣の街路樹の下で、売り子さんはすずしげ~にしているのがコツ!(笑)だと思います。 「売り子さん、そうですよね?!」

(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-27 00:47 | 11インド チェンナイ

乗り遅れたら大変!

バス停のまわりは人でいっぱい。とっても暑い。だけどじーっとお目当てのバスが来るか見ていなければなりません。
f0067150_3294321.jpg
だってよそ見をしているとバスは止まりもせずにあっという間に通りすぎ、また何十分と待たなければならないからです。
f0067150_3303351.jpg

「この暑い中ずっとまってたんだ!のり遅れるものか!」

(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-26 02:05 | 11インド チェンナイ

望遠レンズは人気者

おとといの日曜日、また、カメラをもって近所を散歩しました。
f0067150_2581723.jpg
チェンナイは緑が多くてとても気持ちいい。この街路樹見てください。大きいでしょう! チェンナイの歴史を感じます。

望遠レンズをつけて歩いていると、、、ちょっと遠くのいろんな人から声がかかります。
f0067150_303632.jpg
「おおーい!とってくれよう!」 会釈だけをして撮らずに通り過ぎたのですが、また声がかかったので、振り向いてパチリ! するとこの笑顔です。


団地の塀の向こうから子供が手を振ってきました。とりあえず、パシャ! 
f0067150_3112870.jpg
「お、しゃしんとってくれたみたいだよ。あの外国人、、、。」そのまま歩き去っていくと、後ろからひとり追っかけてきました。そこで、振り返って、みんなのところへ。
f0067150_3121191.jpg

団地の中に入れてもらい、みんななかよしの記念写真です。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-25 03:16 | 11インド チェンナイ

ネパール料理でお祝い!

この写真のおじさん、ネパール人のナレッシュさんといいます。ベトナムのダナン、ハノイでいっしょに働いた仲間です。当時はmakoとナレッシュさんとよく食事などへ行きました。隣で立っているのは、寮で働くネパール人のアルンさん。
f0067150_2473089.jpg
左前を歩いているのがナレッシュさん。
f0067150_2475346.jpg
2005年でした。シンガポールからダナンへ赴任して、最初の日曜日「何がどこにあるのか、何をしたらよいのか」わかりません。そんな中、ナレッシュさんと楽しく散歩に出かけた思い出の一枚です。
f0067150_248724.jpg
再会を祝して、ネパール料理でお祝い! アルンさんが作ってくれました。
手前の小皿が、アチャール、食事中にちょくちょく口直しとして食べる辛いペーストです。
次のメインディッシュが、カシコマス、マトンカレーです。その奥は、カルカーリ、カレー風味の野菜。 左はダヒ、ヨーグルト料理。 奥はダール、豆のスープと、最後にサラーッ、サラダです。 これらを白いご飯と一緒にたべました。 出来立ての手料理をこうやって食べると、おいしい!
久々の再開、3泊していってくれ、いろんなことや思い出を楽しく、時には真面目に話せました。
今回、私と働くつもりで来てくれたのですが、急きょ他へ行くことになりました。

チェンナイではいま、日本人は2人のみ。こういう仲間たちに支えられて、仕事をし、暮らしています。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-24 00:32 | 11インド チェンナイ

力車

バザールのわきの道をはいっていくと、、、
ちょうどお昼ご飯をたべて少したったくらいの時間でした。バザールの喧騒からはなれ、木陰があったりして、おだやかないい感じ。そんな木陰のしたに、、、
f0067150_2183998.jpg
サイクルリクシャです! まじかで見るのは初めて。
木陰のゆったり感にこの使いこまれたリクシャが何ともマッチしていて、最初は通り過ぎたのですが、また戻ってきてしげしげ見てしまいました。
f0067150_218558.jpg
インドでは3輪タクシーのオートリクシャ、自転車のサイクルリクシャほか、日本の「人力車」が入ってきて、このように独自の発達をしています。 生活に根ざした欠かせない移動手段です。

、、、実はどちらもまだ、1回も乗ったことがありません、、、、。  チェンナイは、僕の経験したほかの町にくらべて、人柄が明るく朗らかなので、ここにいるうちに使えるようになりたいと思っています。

(photo&logged:T)
by makitosi | 2011-05-23 02:29 | 11インド チェンナイ

お水は必ずたしかめて ・・・なんじゃこりゃインド!  3

<おまけ>
これまで、幾度と経験した海外寮住まいですが、この寮にはバスタブがあったのです。11年ぶりです! 
僕はお風呂が大好きで、毎朝、毎晩、とってもきもちいい! でも、この日は、、、
f0067150_1134632.jpg
何の通知も、連絡もありません。朝からいきなりです、、、。仕方ありません。髪の毛も、体も、この泥水であらい、入浴もこの泥水でしました。

(photo&logged:T)
写真だと、実際よりもきれいに見えてしまうのがくやしい。
by makitosi | 2011-05-23 01:20 | 11インド チェンナイ