<< ホーチミンの街 Houng Lai Resta... >>

クチトンネル

f0067150_19334069.jpgベトナム戦争時、クチ地方には解放戦線の拠点がおかれ、地下にトンネルを掘ってゲリラ戦が行われました。

その距離なんと250キロの手堀りのトンネルで、会議室、参謀室、台所、寝室、病院までもがあり、現在では地下生活を観光用に公開しています。

この写真は地下からの穴の様子で、このようにしてベトナム人は出入りし戦ったそうです。もちろん体の大きなアメリカ人には入ることはできません。蓋をして木の葉をかけてしまえば穴があることすらわかりません。



f0067150_19424533.jpg地雷で爆破されたアメリカ軍の戦車です。

トンネル内に入ると人一人がかがんでやっと通れるくらいで、地下は3階くらいまであり、いりくんでいます。当時の苦しいゲリラ戦の様子を感じることができます。



f0067150_1948366.jpg
戦時中に実際に使われた落とし穴です。木の葉でカムフラージュしてしまうと全くわからず、落ちるとたくさんの針の中に入ってしまいます。



f0067150_195113100.jpg
当時の塹壕とトンネルへ続く穴。(一番左)
アメリカ軍の戦車のタイヤで作ったという、ベトナム人兵士が履いていたホーチミンサンダル。(左から2番目)
アメリカ軍の残した不発弾から地雷などの爆弾を作る様子。(右から2番目)
当時の女性兵士の様子。(一番右)



f0067150_19555598.jpg
クチトンネル観光の門。(一番左)
トンネルの上は何もないジャングル。ここで当時戦いが行われたという感じはしません。(真ん中)
当時の兵士たちが食べていたタロイモの試食をしました。(一番右)


アメリカ軍は度重なる空爆を行い枯葉剤を投下したのですが、ベトナム人兵士たちの過酷な戦いの様子がクチトンネルに来ると感じられました。2つの国の戦い方は全く違うものでしたが、平和な世の中に生まれた私は戦争の愚かさを感じ、平和を願わずにいられません。



クチトンネル観光、興味がもてましたらクリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
by makitosi | 2006-05-14 20:07 | ホーチミンシティへ
<< ホーチミンの街 Houng Lai Resta... >>